「先生こらえてください」 三原市長、現金固辞と釈明

有料記事河井夫妻の公選法違反事件

北村哲朗、蜷川大介
[PR]

 公職選挙法違反容疑で逮捕された元法相で衆院議員の河井克行容疑者から現金を受け取ったことを認め、辞意を表明した三原市の天満祥典市長(73)。25日の記者会見で現金授受の詳しい状況を明かした。

 記者団との主なやりとりは以下の通り。

 昨夜、辞任したいと議長に電話で伝えた。これまで克行氏からの現金授受はないと話してきたが、150万円の授受があった。これ以上、市長を続ければ市政運営に支障をきたすと考え、けじめをつける。市民にご迷惑、ご心配をかけたことを深くおわびする。

 ――現金授受はどこで。

 昨年3月に三原市内で50万…

この記事は有料記事です。残り754文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!