[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」をめぐり、河野太郎防衛相は25日、山口、秋田両県への配備を断念すると正式に表明した。政府は陸上イージスに代わる新たなミサイル防衛体制の検討に入ったが、焦点の敵基地攻撃能力の保有については、与党内にも温度差がある。

 河野氏は25日、自民、公明両党の会合に相次いで出席し、前日に開いた国家安全保障会議(NSC)での議論の結果を報告した。会合での配布資料によると、政府はNSCで、陸上自衛隊のむつみ演習場(山口県)と、再調査していた新屋演習場(秋田県)を含む東北の20カ所について配備を断念。代替地を見つけるのも困難と確認した。

 政府は9月までにNSCを数回開き、陸上イージスに代わる新たなミサイル防衛体制などについて議論する方針だ。河野氏は自民党の会合で「昨今の東シナ海の情勢に鑑み、イージス艦をミサイル防衛のみに当てるのは得策ではない」と強調。「弾道ミサイルの新たな技術も生み出されている。その対応も検討する必要がある」と述べ、与党の議論も踏まえて検討していく考えを示した。

自民党からは敵基地攻撃能力の保有論が出るが、これに対し、公明党は消極的だ。

 自民党は代替策として、敵のミ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら