[PR]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグは25日に3試合があり、首位リバプールが30季ぶり19度目の優勝を果たした。この日、2位マンチェスター・シティーがチェルシーに1―2で敗れ、試合がなかった首位リバプールのリーグ制覇が決定。前身のリーグ時代の1989~90年シーズン以来、92年のプレミア発足以降は初めての頂点に立った。1月から日本代表の南野拓実が所属し、プレミアで優勝した日本選手は2015~16年レスターの岡崎慎司(現スペイン2部・ウエスカ)以来。今季はここまで28勝1敗2分けで勝ち点86と圧倒的な強さを誇っていた。(ロンドン=遠田寛生)