こんな世の中に「どうぞのつくえ」 余り物は姿を変えた

有料記事

高橋美佐子
[PR]

 きっかけは、教会へ届いた段ボール1箱だった。4月の最終金曜日のことだ。

 開けると、菓子パンや調理パンがぎっしり入っていた。宮崎にいる旧知の店主からの贈り物だったが、牧師の谷本仰(あおぐ)さん(56)は素直に喜べなかった。

 新型コロナの波は地元の北九州にも及び、信者には礼拝以外は来ないで、と伝えていた。食べる人がいない。しかもパンの消費期限は大半が翌土曜日。そこで折り畳み式テーブルを玄関先へ出し、パンを並べ、「ご自由にお持ち帰りください」と貼り紙をした。

 日曜日昼。今度は泥つきの新鮮なタケノコを、友人一家が持ってきてくれた。谷本さんは、片付けずにいたテーブルに数本だけ置いた。

 その夕方のことだ。

 「えっ?」。予期せぬ光景が…

この記事は有料記事です。残り1045文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!