【動画】プロ野球横浜ベイスターズの山崎康晃投手とカーリングの藤沢五月選手が対談。2人が背負う「最後の一投」について語り合った(本編は記事後半にあります)。
[PR]

 競技は違えど、「最後の一投」を託される者の責任の重みは変わらない。来年夏の東京五輪をめざす野球日本代表「侍ジャパン」の抑え役、山崎康晃(27)=プロ野球DeNA。2018年平昌冬季五輪で銅メダルに輝いたカーリング日本代表で、最後に石を投げる司令塔「スキップ」を担った藤沢五月(29)=ロコ・ソラーレ。勝てば歓喜の中心となり、負ければ敗因を背負わされるポジションの醍醐(だいご)味や重圧について、2人がオンライン対談で語り合った。(波戸健一、渡辺芳枝、井上翔太)

拡大する写真・図版山崎康晃投手と藤沢五月選手が対談

 藤沢 いま、めちゃくちゃ大変な時期じゃないですか? 私はオフ期間中ですが、山崎選手は……。

 山崎 まだ開幕前なので大丈夫です(対談は16日)。一時は野球から離れなければならない時もありましたけど、開幕に向けて練習してきました。今季は過密日程で、これまでのプロ生活でも非常にイレギュラーな状況。東京五輪にモチベーションも合わせていました。その五輪も延期になり、難しいシーズンになりそうです。

 藤沢 「突撃!ヤスアキマイク」(コロナ禍、山崎が自宅で過ごすDeNAの同僚に電話し、その模様をユーチューブで発信する企画)を見ました。すごく面白くて、対談、楽しみにしていました。

 山崎 ふざけてばかりですみません。さすがに今回は朝日新聞さんの企画なので(マジメに)。いつもはもっとふざけちゃいます。

 DeNAで1年目から抑えに起用され、史上最年少で通算150セーブを達成した山崎。しかし五輪は未体験だ。初対面の藤沢に積極的に質問を投げかけた。

心のコントロール、2人は真逆?

 山崎 緊張する場面に、藤沢さんはどんな気持ちで向かいますか。(試合中に)「自分に回ってくるな」というのは分かるじゃないですか。

 藤沢 私は緊張するタイプ。何…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら