拡大する写真・図版大仏殿で営まれた法要=2020年5月2日、奈良市の東大寺、米田千佐子撮影

[PR]

 新型コロナウイルスとどう向き合うか。「コロナ禍」後の社会とはどんなものなのか。芥川賞作家で僧侶の玄侑宗久さん(64)に聞いた。

げんゆう・そうきゅう 1956年、福島県三春町生まれ。慶応大文学部卒。臨済宗妙心寺派寺院、福聚寺住職で、2001年に「中陰の花」で芥川賞受賞。11年の東日本大震災後、政府の復興構想会議委員を務めた。

淡いお別れ

 「5月中旬にあったお葬式は、僧侶以外全員マスク着用で会食なしでした。参列者が焼香し、マスク越しに遺族らと会話する。非常に淡いお別れでしたね。最近気になったのは、『(葬儀をせずに)火葬だけでどうか』と言った和尚がいる、と聞かされたこと。感染を恐れたのだとしても、宗教者からそういう発言が出るというのはショックでした」

 しかし、初期の感染拡大防止策が厳しくなることには一定の理解を示す。

拡大する写真・図版玄侑宗久さん=2014年5月、福島県三春町

 「感染症の防ぎ方がいったん過剰になるのは仕方ない。最初は『それじゃ離れすぎだろう』というくらい距離をとってもいいと思う。でもそれを一時的な我慢だと思っていると元に戻ってしまう。それでは、新しい距離の取り方がテーマ化しない。結核の場合を見ても、日本は先進国の中で罹患(りかん)率が高い(注)。緩みやすいところがあるのではないでしょうか」

注=2017年の人口10万人あたりの届け出率は13・3で、10以下の欧米より高い(公益財団法人結核予防会のホームページから)。

 コロナ禍は世界的な人や物の往来を弱め、産業などにも大きな影を落とした。

 「行き過ぎたグローバリズム、外国人労働者に頼る経済、低下する一方の食料自給率とか、問題が噴き出している。大きな変化のチャンスですが、一番やっかいなのは覇権思想でしょう。国境を飛び越えるウイルスにとって、国同士が争う『自国ファースト』は最高のチャンスです。自国のためにマスクを囲い合うという騒ぎまであった。この機に覇権争いが解体すればいいなと思います」

ウイルスにとって最も困った状況とは

 ウイルスに対するあり方を考えるうえで注目するのは、奈良時代だという。

 「共同で緩い紐帯(ちゅうたい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら