[PR]

 新型コロナウイルス感染症患者の遺伝子やCT画像といった情報を集めたデータベースを作り、治療薬やワクチン開発に役立てるプロジェクトを国が始めた。日本人の感染者や死亡率が欧米に比べて少なかったり低かったりする理由の解明につながる可能性もある。

拡大する写真・図版医薬基盤・健康・栄養研究所=大阪府茨木市

 研究を統括するのは医薬基盤・健康・栄養研究所(大阪府茨木市)。国内の病院や研究機関から新型コロナに感染した患者の診療情報、CT画像情報、血液などを集める。

 ウイルスの遺伝子、患者の遺伝子、働いている免疫細胞の種類、感染したあと、どんな種類の「抗体」ができているかなどを詳しく解析してデータベースにおさめる。患者の肺のCT画像情報を解析して、重症化の予測になる指標を探すAI技術も開発する。

 新型コロナについては、世界的…

この記事は有料会員記事です。残り377文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り377文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り377文字有料会員になると続きをお読みいただけます。