[PR]

 茨城県は26日、同県牛久市に住む40代の会社員女性と、同居する夫の50代の自営業男性が、それぞれ新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症だという。県内の検査で判明した感染者の公表は20日以来で、6日ぶり。茨城県内の感染者は172人(死亡10人)となった。

 県によると、女性は東京都内に勤務。23日から頭痛や発熱があり、25日のPCR検査で陽性が判明した。男性は25日から37度台の発熱があり、26日の抗原検査で陽性が判明した。県は、女性は都内で感染した可能性が高いとみている。