話したくなる…揺れた市長の心 広島の議員ら告白ドミノ

有料記事河井夫妻の公選法違反事件

松島研人、山中由睦
[PR]

 「告白」が止まらない。昨年7月の参院選をめぐり、前法相で衆院議員の河井克行容疑者(57)と妻で参院議員の案里容疑者(46)が公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された事件で、これまで現金受領を否定してきた広島県安芸高田市長が一転して認めたほか、地元議員らが26日も次々現金受領を証言し始めた。揺れ続ける広島県政界。湯崎英彦知事は「強い憤りを感じる」と夫妻を批判した。

現金30万円、車の中で渡された

 児玉浩・安芸高田市長(57)は26日午後、丸刈り姿で会見。「今できることを考え、『反省を示さなくちゃ』とこういうヘアスタイルにした」と述べ、「話せなかったことを申し訳なく思います」と謝罪した。

 児玉市長によると、県議時代の昨年3月末、自身の事務所で克行議員から当選祝いの趣旨で30万円が入った封筒を受け取った。5月末には車の中で30万円入りの封筒を渡されたといい、「地元の不利益になるかもしれない」と思い、受領したと証言した。

 児玉市長は今年4月に同市長選に立候補し、初当選。その際、現金受領について報道陣に「ない」と断言したが、今月24日に一転して認めた。虚偽の回答をした理由について、「捜査当局から秘匿を要請された」とした上で、「私の性格で言うと、一つ認めると全部話したくなる。一線を守るためにそう答えた」としている。

 進退については「後援会や市…

この記事は有料記事です。残り1561文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。