「社長にホンネ言えるのか」 三菱電機の株主総会

有料会員記事

内藤尚志
[PR]

 社員の相次ぐ自殺で揺れる三菱電機の定時株主総会が26日、東京都内であった。人事担当役員が謝罪した後で、杉山武史社長が「やってきた施策が決して間違っていたわけではない。細かな対応が不足していた」と述べた。会場の株主から社員の過労自殺の経緯などが詳しく説明されていないなどとして、「情報を隠蔽(いんぺい)してしまう」と企業体質を批判される一幕もあった。

 この日の株主総会は、モニターを通して報道陣に公開された。杉山社長は冒頭で経営戦略を説明し、「すべての従業員が生き生きと働ける職場環境を実現していく」などと述べた。その後、株主から事前に出ていた質問に答える形で原田真治常務が「ご迷惑、ご心配をおかけしている」と謝罪した。

 会場の株主からは、杉山社長が以前の会見で「当社の体質から起きているとは考えていない」と述べたことに対し、疑問視する声が出た。

 杉山社長は、各地の工場や営…

この記事は有料会員記事です。残り832文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら