[PR]

 知人の店がニュースになり、バッシングされる――。コロナ禍でそんな経験をした。ステイホームのこの時期、ニュースの視聴率は軒並み上がっていた。

 「NHKニュース7」「報道ステーション」。4月27日からの週、視聴率の上位には報道番組が食い込んだ(ビデオリサーチの関東地区)。関西では報ステが20・5%(27日)でエール(5月1日)を超えた。

 「自分を律している人ほど観光や遊びに出ている人を腹立たしく思うかもしれません」。アナウンサーが番組で話す言葉の数々も評判になった。ネットは「救いの言葉」「今日の御言葉はしみた」と賛同の波。この番組の視聴率は18・5%(5月6日)と平時より伸びた。

「モザイクなしで映せ」

 知人のパチンコ店が「自粛していない」として行政に公表されたのもこの頃。ニュースになると、ネットでは「モザイクなしでテレビで映せ」「圧力をかけてつぶせ。民意が味方する」。国籍などコロナと無関係の情報も飛び交った。

 怖くなった。同時に、自分は何…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら