[PR]

 日本高校野球連盟と朝日新聞社が高校野球の発展に貢献した人に贈る育成功労賞に、大阪府内から府立大冠高(高槻市)教諭の和田充司(あつし)さん(60)が選ばれた。30年間で府立3校の監督や部長を歴任し、第80回全国選手権記念北大阪大会で桜塚(豊中市)の監督として準優勝に導いた。

 社会人まで野球を続けた父に連れられ、小さい頃から何度も甲子園に足を運んだ。

 1973年夏の選手権大会決勝、広島商対静岡戦の印象が今も鮮烈だ。じりじりした投手戦が続き、最後は広島商が劇的なサヨナラスクイズを決めた。「本当に感動しましたね。ここで野球がしたい、と強烈に思ったのを覚えています」

 中学から本格的に野球を始め、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース