拡大する写真・図版昨年のゴールデングランプリの男子400メートルリレーで1位になった日本代表の(右から)多田修平、山県亮太、小池祐貴、桐生祥秀=金居達朗撮影

[PR]

新型コロナウイルスの影響で延期になった東京オリンピック。突如できた1年の空白期間は、アスリートたちにどう影響するのか。担当記者が探りました。

 東京五輪陸上男子100メートルの日本代表の枠は3。予定通り開かれていたら、スタートラインに立ったのは誰だったのか。

 本来ならば、6月25~28日に大阪で開かれる日本選手権で代表が決まるはずだった。9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキームを筆頭とした桐生祥秀、小池祐貴の9秒台トリオか。それとも10秒0台の自己記録を持つ山県亮太、多田修平、飯塚翔太、ケンブリッジ飛鳥らの巻き返しか。

 男子100メートルの五輪参加標準記録は10秒05。記録を達成して3位以内に入れば東京五輪出場が決まった。

 だが、激戦の代表争いは五輪延期で、来春に持ち越しになった。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で試合が行われない中、世界陸連は11月末日まで「凍結」措置を設けた。延期で10月1日から3日間、新潟市で開催されることが決まった日本選手権を始め、この期間にいくら好記録を出しても、標準記録突破者の資格は得られないことになった。

 サニブラウン、桐生、小池は昨年、標準記録を突破し、この資格は維持されることになったが、到達できていない選手の中には、「凍結」措置にモチベーションの低下を訴える者もいるという。記録が五輪につながらない今季の大会。ただ、言い換えれば、様々なチャレンジのできる期間と言えるかもしれない。

 山県は昨年、背中の痛みや肺気胸などで5月のゴールデングランプリを最後に競技会から姿を消した。9~10月にドーハであった世界選手権の出場も逃している。最近、動画サイトで「1年以上試合に出ていないので不安はある。練習はいい感じだが、試合の雰囲気は違う」と語った。

拡大する写真・図版SNSで、高校総体を失った選手たちへのメッセージなどを積極的に発信している山県亮太

 けがから復帰したばかりの山県には実戦の感覚を取り戻す場がまだない。「日本選手権で自己ベストを出して、『山県頑張っているな』と思われるようにしたい」。日本選手4人目の9秒台突入に意欲的だ。

 短距離陣のまとめ役としても期待される飯塚は「今年は五輪選考に入らないので試合に出る人、出ない人が分かれる感じがします。僕自身は日本選手権に向けてしっかり走りたい。今はレースがしたい」。本職の200メートルで自己記録(20秒11)にどこまで迫れるか。

拡大する写真・図版昨年の日本選手権男子100メートル決勝でフィニッシュ後の(左から)小池祐貴、桐生祥秀、飯塚翔太=林敏行撮影

 この凍結期間は、代表争いをどう左右するか。日本陸連の麻場一徳強化委員長は「選手のモチベーションの低下を心配していたが、SNSでの発信などを見ていると、大丈夫そうだ。ここから動いていけば五輪には十分間に合う」と語る。標準記録を突破していない選手たちの奮起が短距離界の底上げとなる。

陸上の「現在地」

拡大する写真・図版昨年の日本選手権男子100メートル決勝で1位でゴールするサニブラウン・ハキーム(右から3人目)。左から飯塚翔太、多田修平、ケンブリッジ飛鳥、小池祐貴、桐生祥秀、1人おいて川上拓也、坂井隆一郎=林敏行撮影

 陸上はマラソンの男女6人、競歩の男女7人が代表に内定しており、この計13人は来年の五輪に出場できる。トラックとフィールド種目については、来春の日本選手権で決まる。参加標準記録を突破した選手のほか、突破しなくても世界ランキングで出場できる可能性がある。ただし、今年11月末日まで参加標準記録も世界ランキングも「凍結」されることが世界陸連から発表されている。

他人を思いやる課程、きっと良い結果に

 「タータンのにおいがすごく懐…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。