[PR]

 老朽化で来月廃止される徳島市立木工会館(福島1丁目)の今後のあり方について、市地場産業振興協会など会館に入居する3団体と市が、検討会を設置することで合意した。

 木工会館の後継施設について遠藤彰良前市長は、JR徳島駅前のアミコビルへの移転を決定。振興協会や業界団体などは移転に反対し、耐震改修した上で現地での存続を求めてきた。

 この日、3団体の関係者と協議した内藤佐和子市長は「皆様の木工会館への熱い思いは理解している。残せるのなら残したい。様々な障害があるが、皆様の知恵をお借りしながら、施設の方向性を考えていければ」とあいさつ。出席者からは「災害時の避難場所など幅広く活用できるのでは」などの意見が出た。

 振興協会の上杉和夫理事長(7…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら