[PR]

 「ちょっとかわいそう」。前法相の衆院議員、河井克行容疑者と参院議員で妻の案里容疑者が公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された事件で、県内の地方議員や首長が現金受領を次々と認めていることを受け、自民党広島県連会長の宮沢洋一参院議員は27日、受領したという側についてそんな認識を示した。

 この日、同県福山市内で取材に応じた宮沢氏は、受領した側も事実関係を説明することが大事だとした上で「無理やり(現金を)置かれていったという記事を読むと、ちょっとかわいそうだなあという気もする」などと述べた。

 それでも現金を返すべきだったのではという記者の問いには、「(返す)べきだったと思うが、正直言うと私も克行議員と何度かやりとりしているけれども、一般の気の弱い方が返すのはなかなか難しい方であったのも確かではないかという気はする」などと語った。(燧(ひうち)正典)