[PR]

 ツアー大会再開を前に、選手は期待も不安も、そして葛藤も――。新型コロナウイルスの影響で、テニスの世界各地のツアー大会が3月上旬から中断していたが、男女とも8月から再開される。再開に先駆け、日本男子選手らは27、28日、関東近郊でエキシビションマッチを開いた。ツアー再開を前に、選手からはいろんな意見が聞かれた。

拡大する写真・図版「ニューミックス」部門でダブルスを組んだ西岡良仁(左)と国枝慎吾

 2日間行われたエキシビションマッチは、世界ランキング112位のダニエル太郎(エイブル)らの、ファンにテニスを見てもらいたいという思いから企画された。無観客だったが、ユーチューブなどでライブ配信された。

拡大する写真・図版エキシビションマッチの大会運営に携わったダニエル太郎

 このイベントには、同48位の西岡良仁(ミキハウス)や車いす部門で4大大会通算23度優勝の国枝慎吾(ユニクロ)ら11人が参加した。ダニエルチームと国枝チームに分かれた団体戦で、シングルスや車いすシングルスを行い、1試合45分という特別ルール。健常者と車いす選手が組んでプレーする「ニューミックス」というダブルスも実施された。両チームは総獲得ゲーム数で競い、両日とも国枝チームが制した。

拡大する写真・図版対戦したダニエル太郎(左)と西岡良仁

 イベント後、選手からは久しぶ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら