[PR]

 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会が28日始まり、反体制的な言動を取り締まる「香港国家安全維持法案」の審議を再開した。最終日の30日に可決・成立させ、香港返還記念日の7月1日に施行する可能性が高まっている。

 国営新華社通信によると、161人が出席した28日の常務委員会では、分科会での法案審議について報告があった。共産党機関紙・人民日報系の環球時報は出席した全人代香港代表の話として「法案がおおむね合意に達した」と報じた。

 法案審議は、18~20日の常務委員会に続く2回目。通常は2カ月ごとに開かれる常務委を1週間余りで再招集するのは異例で、成立を急ぐ共産党政権の狙いは明らかだ。

 規定では、常務委で意見が一致…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら