[PR]

 黄緑のキャベツにベージュのタマネギ、紫のナス、白いダイコン、濃緑のブロッコリー……。さまざまな野菜をかたどった色とりどりの帽子が、「しののめベジガール」のトレードマークだ。

 彼女たちは、松山東雲(しののめ)短期大学(松山市)の食物栄養学科2年生。栄養士をめざし亀岡恵子教授(58)、田中洋子准教授(49)の両ゼミで学んでいる。お気に入りの野菜帽を頭にいただき、野菜摂取や朝食を毎日とることの大切さを学内外でアピールすることは、卒業研究授業の一環だ。

 「座学だけじゃなく、学外でのイベントにも積極的に参加して栄養士になる素養を磨きたい」とニンジン帽の山口夏実さん。ナス帽の山口佳帆さんは「大学祭で、野菜のスープやスイーツが人気の『べじかふぇ』に挑戦する」。

 愛媛県が行った2015年の県…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら