[PR]

 京都市下京区の一念寺で28日、保護犬や保護猫、殺処分の現状について学ぶイベント「いぬとねこ」が開かれ、保護猫約40頭の譲渡会などがあった。

 動物福祉団体「Pawer(パワー).」(同市中京区)が主催。アメリカの動物福祉施設でボランティアを経験した大西結衣さん(34)が、「人と動物との幸せな関係を築きたい」との思いから2016年に設立した。18年4月から同寺でイベントを開いており、今回で12回目になる。

 会場では、大西さんが取材してきた国内外の動物保護施設や、殺処分される直前の犬の写真を展示。国内の殺処分数などのデータも掲示し、大西さんは「現状を知り、自分にできることを見つけるきっかけづくりの場になれば」と話した。次回は9月27日に同寺で開催する。問い合わせは同団体のメールアドレス(info@pawer.jp)へ。(紙谷あかり)