[PR]

 福井市の足羽山で28日、1945年の福井空襲と48年の福井地震で亡くなった人々をしのぶ市戦災・震災犠牲者追悼式があった。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、参加者を少人数に絞って開催した。東村新一市長らが黙禱(もくとう)し、慰霊碑塔に花を捧げた。参列した市遺族連合会の八田一以会長は「空襲や地震の犠牲と復興があって、今の福井のまちがある。若い人にも知ってほしい」と話した。

 慰霊碑塔には、慰霊やまちの復興などを願ってつくられた「復興慈母観音像」が安置されている。この日は、復興慈母観音札所会のメンバーらによる慰霊祭もあった。札所会の大黒隆典会長は「空襲や地震を経験した人は少なくなっている。(記憶や経験などを)風化させることなく、取り組みを続けていきたい」と話した。

 太平洋戦争末期の45年7月1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら