[PR]

 宮沢賢治が前身の稗貫(ひえぬき)農学校で教壇に立ったこともある岩手県の花巻農業高校(楳原健校長・310人)。賢治の教え「愛と慈しみの農業教育」を引き継ぎながら専門知識を身につけ、時代の変化にも即応できる人材の育成に取り組んでいる。

 学校の農場にある約5万3千平方メートルの水田で、植えたばかりの稲が風に揺れる。「陸羽132号」という品種で、冷害に強いことから、賢治も栽培を推奨していた。かつて食糧難を救ったいきさつを生徒たちに知ってもらうため、毎年生産している。

 生物科学科の生徒たちはそのほか、酒米やもち米を含め4種類の米を育てており、田中瑠莉さん(3年)は「いろんな種類を自分で育てることで、生産者の苦労やありがたみをより感じるようになった」と話す。

 「花農」の愛称で親しまれてい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら