[PR]

 有害駆除されたイノシシの肉を飼育する猛獣にエサとして与える試みが28日、盛岡市動物公園「ZOOMO」で行われた。飼育環境を野生に近づけることで動物のストレスを軽減し、農作物への影響など鳥獣被害の実態を知ってもらおうと初めて企画された。

 駆除されたイノシシが与えられたのはオスのピューマ「タフ」。前脚で押さえながら肉にかみつくと、100人ほどの来園者からは驚きの声が上がった。

 今回の企画は福岡県などで獣害問題や動物福祉に取り組む団体と共催した。用意されたイノシシは、福岡で駆除されたもので、内臓を取り除き殺菌処理が施された。駆除された害獣は廃棄されるケースがほとんどだといい、飼育動物に与えることで有効活用することも目的としている。

 岩手県農業振興課によるとここ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら