[PR]

 当たり前に続くと思っていた日常は、当たり前ではなかった。この春、日本全国を覆った新型コロナウイルスの脅威。多くの人が生活や仕事の危機に直面し、不安の中で日々を過ごした。コロナ禍は、一人ひとりの暮らしや価値観にどう影響したのか。結婚相談所で仲人業をする中村順子さん(44)に聞いた。

    ◇

 結婚を希望する人たち向けの相談所を、2017年から開いています。事務所はありません。兵庫県西宮市の自宅が仕事場です。会員と、LINEでの婚活の悩み相談を合わせると、北は北海道から南は沖縄まで300人ほどいます。

 新型コロナウイルスで社会全体が緊張と自粛を強いられていたこの4月、当相談所の仲介で成婚に至ったカップルは過去最多でした。「コロナ婚」とでもいったらいいのか。出会って早々に「お断り」されるケースが減り、交際成立に至る比率が高まりました。

 どんな職業の人でも、結婚となると必ずしも思い通りにはいかないものです。肩書があっても、お金があっても、それだけで全てが決まるわけではない。私たち仲人の武器は、蓄積されたビッグデータと勘です。

 「仲人Nの逆襲」というブログに、婚活中の人たちに向けたちょっとキツめの助言を書き込んでいます。そのせいか、私を訪ねてくるのは何かしら「叱られたい」「自分の考え方が間違っているのかも」と思って来る人が少なくありません。

 仲人を始めたきっかけは、かつ…

この記事は有料会員記事です。残り948文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り948文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り948文字有料会員になると続きをお読みいただけます。