[PR]

 2018年7月の西日本豪雨で、広島県呉市安浦町の高取久美子さん(43)は父の自営業良治さん(当時67)を亡くした。昨年の追悼式で市の遺族代表となり、「前を向いて生きていく」と力を振り絞って語り、大勢の被災者を励ました。その後、母の一美さん(当時72)も後を追うように病気で逝った。豪雨から間もなく2年。高取さんは2人の命を引き継ぎ、改めて前を向くと誓う。

 2年前の7月6日夜、高取さんは父と2人で自宅にいた。やまぬ雨。周囲一帯が停電。父は「危険だ。お前は家の中で避難の準備をしろ」と言って、車の準備に外へ出た。大量の土砂が流れてきた。暗闇で何度も「お父さん」と叫んだ。4日後、2キロ先のキャンプ場で父は遺体で見つかった。

 当時入院していた母の一美さんは父の死にふさぎ込んだ。高取さんは広島県東広島市の姉家族のもとに避難し、「自分が生き残ってしまった罪悪感」を引きずった。日々悩んだ。

 何事にも全力で打ち込んだ父の…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら