拡大する写真・図版国立アイヌ民族博物館の基本展示室には、高さ約6メートルのクマつなぎ杭も展示されていた=2020年6月9日、北海道白老町、日吉健吾撮影

[PR]

 日本で初めて先住民族アイヌをテーマにした国立博物館「アイヌ民族博物館」が7月12日、北海道白老町にオープンする。アイヌ文化の復興拠点「民族共生象徴空間」(愛称・ウポポイ)の中核施設だ。この博物館には、国宝も重要文化財もない。何を展示し、どんなことを目指す施設なのだろうか。初代館長となった佐々木史郎氏(62)に聞いた。

拡大する写真・図版国立アイヌ民族博物館の佐々木史郎館長=2020年4月16日、北海道白老町、日吉健吾撮影

佐々木史郎
 1957年、東京都生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。学術博士。91年4月、大阪大学助教授。2003年4月、国立民族学博物館教授。10年4月、同副館長。16年4月、国立アイヌ民族博物館設立準備室主幹。

「見られる側」「見せる側」を一体化

 ――展示品は700を超えると聞いています。博物館の目玉は何ですか?

 「すぐ目につくのは、サハリンにいた樺太アイヌ民族の『クマつなぎ杭』でしょう。高さが6メートルはある。クマの霊送り儀式『イオマンテ』の際に使われた、子グマをつないでおく杭です。北海道のアイヌ民族の場合にはそれほど高くはないのですが、樺太の杭は巨大でした」

 「ポーランド人の民族学者ブロニスワク・ピウスツキが残した写真のなかに、儀式に使った杭が写っていて、この写真を参考に北海道大学准教授の北原次郎太さんとウポポイ職員で工芸家の山道陽輪さんに制作してもらいました」

 「もう一つは、厚岸湖から出土した板綴(いたとじ)舟の舟底です。厚岸町の海事記念館の所蔵品をお借りしたもので、外洋舟です。17~18世紀、道東のアイヌの人々は、千島列島を自由に行き来し、交易していたのです。小さい舟ですが、潮流に強かったのですね」

拡大する写真・図版国立アイヌ民族博物館の基本展示室には厚岸湖から出土した江戸期の板綴(いたとじ)舟も展示されていた=2020年6月9日、北海道白老町、日吉健吾撮影

 ――ほかの国立博物館との違いは何ですか?

 「展示のコンセプトです。一番…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら