[PR]

 梅雨の季節に入り、県内各地でアジサイが見頃を迎えている。

 昨年春に原発事故による避難指示が解除された大熊町大川原地区にある坂下ダムでは、左岸数百メートルにわたり、青、紫、白のアジサイの花が色付く。人が立ち寄りにくい山奥にあるため、人影もなく、ひっそりと咲き誇っている。

 福島市松川町の土合舘公園では、約5ヘクタールの園内に、約5千株の青色や紫色のアジサイが咲く。28日には小雨が降る中、傘をさした人たちが歩道の両脇に咲くアジサイを眺めたり、写真を撮ったりしていた。

 毎年訪れるという福島市渡利の佐藤勇さん(77)は「アジサイは梅雨入りのサイン。雨の日の方がきれいに見えるね」と話した。(小手川太朗、三浦英之