[PR]

 北海道民に道内旅行を楽しんでもらい、冷え込んだ観光需要を喚起しようと、最大1万円を割引する「どうみん割」の旅行商品に、申し込みが殺到している。販売開始の28日に完売した宿泊施設もある。道経済部観光局は「今後宿泊旅行商品の販売を始める旅行会社もあり、いろいろと当たっていただければ」と話す。

 「どうみん割」は、①宿泊②交通付き宿泊③交通付き日帰り④アウトドア体験などの日帰り――の四つの旅行商品について、料金に応じて最大で1万円または半額の割引を受けられるというもの。7月1日から来年1月31日の利用者が対象だ。今回第1弾で①~③の商品の販売が始まった。第2弾は④を中心に7月10日から売り出す予定だ。

 道によると、完売の原因は、どうみん割の予算が約23億円(第1弾~第4弾の合計)に限られているためだ。道が各事業者に割り当てた助成枠に達した時点で対象商品は売り切れになる。実際、人気宿泊施設では、助成枠を大幅に上回る申し込みが殺到し、またたく間に完売したという。

 ただ、助成枠は7月中に予定さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら