[PR]

 ちょうど1カ月後、56年ぶりの東京五輪が開幕するはずだった。6月24日昼、88店が軒を連ねる東京・浅草の仲見世商店街。和服姿や日傘を持った人たちが参道を行き交うなか、外国人観光客の姿は、ほとんど見られなかった。

 「7月で店を閉めるんです」。老舗菓子店「評判堂」店主の冨士滋美さん(71)は店先でつぶやいた。名物のおかきを作る職人が減り、後継者もいない。猛威をふるった新型コロナウイルスが、創業130年を超える店を閉じる決断を早めた。

 緊急事態宣言が出された4月7日から、商店街の多くは休業した。評判堂は5月中旬に営業を再開したが、売り上げは減り、前年の1割に満たない日が続いた。

 地元では五輪に向け、昨年から…

この記事は有料会員記事です。残り1292文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。