サーバルキャット、興奮した後脱走 「けもフレ」で人気

宮川純一
[PR]

 静岡市動物指導センターは29日、ネコ科動物のサーバルキャット1頭が同市葵区東の飼育施設から脱走したと発表した。

 逃げ出したのは1歳のオス。茶に黒のヒョウ柄で、体長70センチ、体重10キロ。同センターによると、女性は許可を受けて飼育していたという。27日午前7時ごろ、興奮していたため、女性が様子を見に入ったところ、おりから逃げ出したという。同日、警察に届けたという。

 サーバルキャットは特定動物として動物愛護法により、人に危害を加える可能性があるとされている。2017年に放映されたアニメ「けものフレンズ」の主要キャラクターとして人気を博した。市の担当者は「見つけてつい近づきたくなっても不用意に近づかないで」と話している。(宮川純一)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント