[PR]

教育ひろば

 大手予備校・河合塾(名古屋市)の理事長に、河合英樹氏(37)が6月1日付で就任した。父で前理事長の弘登氏(73)は理事会長となり、経営のバトンを引き継いだ。英樹氏は朝日新聞のインタビューに「学び続ける人の成長と自己実現をサポートする」と抱負を語った。

 ――河合塾のどこを守り、どこを変えていきますか。

 積み重ねてきた信頼と、講師の力が我々の強みです。学び続ける人の成長や自己実現をサポートし、教育を通して社会に貢献する使命は変わりません。一方で、オンライン授業やAI(人工知能)を使った教材などを適切に組み合わせ、生徒それぞれに最適な形で提供するという点については、改善の余地があります。

 ――新型コロナウイルスが影を落とす中での就任となりました。

 正直、大変な時期だなと思います。受験生の数が減少し、経営環境が厳しくなる中で、予期しなかった感染症の対策に追われています。ただいずれ代替わりをするなら、変化が激しいこのタイミングだからこそ、期待に応えられるのではないかと考えました。理事会長からは「今までのやり方にこだわり続ける必要はない」と言われています。

 ――受験生のニーズ、大学のニーズ、それぞれの変化をどう見ていますか。

 若年人口が減り、大学側は強い危機感を持っています。「大学全入」の時代では、入学選抜の意味は小さくなり、在学中にどういう価値が提供できるかという本質的な部分が重要になります。受験生も、偏差値や合格率といった入り口だけを見るのではなく、オープンキャンパスや説明会などに参加し、就職先などの出口も見て、シビアに大学を選ぶ時代になるでしょう。

 本当に求められている、受験生に「刺さる」情報を、私たちも大学と連携しながら発信していかなければいけません。

 ――オンライン授業が注目されています。

 対面授業を今後も中心に置く考えは変えていません。決まった時間割でライバルと机を並べ、緊張感のなかで勉強できることは対面授業の価値です。緊急事態宣言の解除後、授業の出席率が低くなるのではと心配しましたが、実際は95%以上で、「対面授業を待ち望んでいた」という声が多く届きました。

 また、河合塾グループには、映像授業がメインの「河合塾マナビス」が339校舎あり、オンライン授業の素材やノウハウは蓄積しています。今回の臨時休校でも、質の高い授業動画を早く配信できた自負があります。感染症の不安や通学時間が長いなど、様々な事情で通塾しにくい場合に、オンライン授業や相談を受けられる形を目指しています。

 ――学習の遅れに不安を感じている生徒や保護者も多いのでは。

 そもそも今年の受験生は、センター試験から大学入学共通テストへの移行に伴う混乱に振り回されてきました。それに加えて感染症による休校や学習の遅れがあり、第2波の心配もあります。でも、これは個人の努力で変えられるものではなく、投げやりになってはいけません。受験は非常にストレスがかかりますが、そのときベストを尽くしたか、挑戦したかどうかは、今後の人生にとって大きい。やるべきこと、やれることを自分なりに追求して悔いの残らない進路選択をしてほしいと思います。

 ――ポストコロナの時代の「学び」の意義は何でしょう。

 社会の変化は加速していき、新しいビジネスモデルや生活様式への対応が求められるでしょう。大学進学後に、新たな学問分野が生まれるかもしれません。ある時点での瞬間風速的な「学力」ではなく、「学び続ける力」が大事です。自分をアップデートする気持ちを持ち続けること、変化を感じ取るアンテナを張り、自分で計画を立てて実行していく力が必要だと思います。

 ――ご自身は東京育ちですが、東海地方の印象は。

 あまり塾任せ、家庭任せにしない、面倒見の良い学校が多いですね。それと、地元志向の強さです。それは魅力的な進学先や就職先が多いからだと思いますが、広い世界に出て多様な価値観に触れたり、慣れない厳しい環境に身を投じたり、チャレンジするのも大事ではないでしょうか。

 ――大学受験の思い出は。

 河合塾に通っていましたが、あまり勉強が好きではなく、高校3年の秋まで部活のアメフトに打ち込んでいました。短期決戦で1日十数時間勉強し、滑り込むように合格しましたが、ほめられた生徒ではありませんでした。それだけに、勉強嫌い、塾嫌いの生徒の気持ちはわかります。もし不本意な結果になったとしても、「自分はやれるだけの努力をした」という気持ちを持てることが大切です。自戒の念も込めての言葉ですが、嫌なことを先送りせず、目標を決めて真剣勝負をしてほしいと思います。(聞き手・花野雄太、角拓哉)

     ◇

 1982年生まれ。海城中学高校(東京)、一橋大経済学部卒。三菱地所を経て河合塾へ。グループ経営戦略本部長や理事、副理事長を経て現職。