[PR]

 被爆後の広島を舞台に、復興に向けて懸命に生きた女性を描いた漫画「キセキのヒロシマ」。その原作者で、会社経営の多田多延子さん(51)=広島市=が29日、須坂市を訪れ、「平和活動にいかしてほしい」と22冊を市に贈呈した。縁を結んだのは、原爆投下から約1カ月で焦土に咲いた真っ赤なカンナの花だった。

 漫画は、戦後70年を機に「反戦だけでなく、どうやったら平和をつくっていけるのかを考えていきたい」との思いを込めて自費出版された。多田さんの曽祖母を主人公に、原爆投下の日に亡くなった祖母、被爆した母親ら4世代が実名で登場する。

 英語版は2016年に当時のオバマ米大統領の手に渡り、同年5月に広島を訪問した大統領からはその後、「私はあなたの物語に感動した」との手紙が多田さんのもとに届いた。今年は仏語版も出版された。

 初めて須坂市を訪れた多田さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら