埼玉)親子のふた探しはいかが、久喜市が4デザイン

有料会員記事

高橋町彰
[PR]

 埼玉県久喜市は7月1日から、人気アニメ「らき☆すた」など新たな4種類の絵柄をデザインした下水道マンホールと水道制水弁のふたを設置する。市のホームページやツイッターなどで設置場所のヒントを出し、マンホールと制水弁で大小の「親子ふた」探しを楽しんでもらうことにした。

 新デザインは市内の鷲宮神社ゆかりのアニメ「らき☆すた」のほか、栗橋地区が街おこしに使う鉄道むすめの「栗橋みなみ」と「栗橋あかね」、市商工会キャラクターの「来久(らいく)ちゃん」、菖蒲地区のご当地キャラクター「しょうぶパン鬼ー」の四つで、1市3町の合併10周年を記念して今年3月に発表された。

 キャラクターなどがあしらわれた全国各地のデザインふたを訪ね歩く「マンホールツーリズム」という新たな観光が注目されていることから、新型コロナウイルス感染拡大で県をまたぐ移動の自粛が解除されたのを受け、市内の4カ所に順次設置することになった。

 設置後は興味のある人がたど…

この記事は有料会員記事です。残り184文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら