[PR]

 本物と見まがうほど精巧な作りの人形「リボーンドール」を愛する人たちがいる。子どもを亡くした夫婦が我が子の代わりに迎えたり、お年寄りのケアに使われたり。作り手も持ち主も、思いを託す存在だ。

 ブランケットにくるまれ、目を閉じた人形は、息をのむほど精巧だった。風に揺れる髪は本物のようで、白い肌には静脈を思わせる薄青い筋がうっすら走る。寝息が聞こえてきそうだ。

 6月中旬、販売サイト「リボーンドールベビー」を運営する臼井聡子さんが、人形を見せてくれた。「リアルすぎて、怖いと感じる人も少なくないんです」。臼井さんはそう笑う。近くを通りかかった女性も、驚いて足を止めた。

愛らしい「リボーンドール」を亡き子の代わりに、あるいは高齢者介護に。購入者たちには、様々な思いや事情があるようです。

 ロシア人作家の手作りで身長5…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら