拡大する写真・図版正倉院宝物の花氈=正倉院紀要第42号から

[PR]

 奈良・正倉院に伝わる花氈(かせん)(花などの文様が描かれたフェルト)に使われている羊毛が、アラビア半島や中央アジアなど乾燥地帯で飼われている羊の毛質に似ていることが明らかになった。また、花氈には高い技術が使われており、当時の中央アジアや中国に職人集団がいた可能性がある。

 宮内庁正倉院事務所(奈良市)の「正倉院紀要第42号」に収録されている二つの論文で報告されている。

 聖武天皇愛用の正倉院宝物には、花氈など多数の毛氈(もうせん)(フェルト)が伝わり、中国や中央アジアからの輸入品とみられている。ヤギの毛が素材になっているとされてきたが、2015年の調査で羊毛と判明。その後、羊毛の種類や製造技法について調査されてきた。

 羊毛鑑定士の本出(ほんで)ま…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら