拡大する写真・図版本郷奏多=篠塚ようこ撮影

[PR]

 「鋼の錬金術師」「GANTZ(ガンツ)」「キングダム」……。近年、人気漫画の実写化には欠かせない本郷奏多だが、11日放送の特集ドラマ「56年目の失恋」(BSプレミアム夜9時)で演じる役はひと味違う。時代は前回の東京五輪が開催された1964年。西洋料理店のコックで、口下手だが、心優しい昭和の男・隆一を演じる。ドラマの見どころや趣味の一つだという料理について聞いた。

 隆一は、2020年からタイムスリップしてきた見習いの料理人・沙織(中条あやみ)の面倒をみる中でひかれあう。タイムスリップの設定に目がいきがちだが、注目してほしいのは、人間ドラマだという。隆一は自分の意見をしっかりと示す沙織の言動に最初は戸惑うが、仕事に情熱を注ぐ姿に好感を抱いていく。

 「人間の温かさが描かれるまっすぐな物語だと思う。ほっこりしてほしい」

 ゲームやプラモデルなど趣味は多彩だが、料理好きでもある。だから、自然体で撮影に臨めた。

拡大する写真・図版「56年目の失恋」から=NHK提供

 「調理器具や調味料など、一通…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら