【動画】パンダの彩浜 あおり運転厳罰化をPR=大野宏撮影
[PR]

 あおり運転が厳罰化された改正道路交通法が施行された30日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで、県警から「交通安全和歌山夢大使」に委嘱されているジャイアントパンダの彩浜(サイヒン)が広報活動に協力した。

 改正道交法は、あおり運転を「妨害運転」として新設。車間距離の不保持や急ブレーキなど相手の車両の走行を妨げる10項目を違反と定義した。罰則は3年以下の懲役または50万円以下の罰金。「著しい危険」を生じさせると5年以下の懲役または100万円以下の罰金。一度で免許取り消しになる。

 この日は「思いやり」と竹材で書かれた氷が彩浜に贈られ、県警の出納延計・交通企画課長が、今津孝二園長に改正を知らせる啓発ポスターを渡した。出納課長は「あおり運転は重い違反になった。夏の運転は暑さや渋滞で心がざわざわしがち。『思いやり』を持った運転を心がけてください」と話していた。(大野宏)