[PR]

 日本軍は上海戦に辛くも勝利。兵士たちも帰国できるはずだった。だが、内陸の武漢などへ逃げこんだ国民政府を追い、さらに進軍することとなった。

 この軍には食料補給がほとんどなく、軍服も薄い夏服のままの者が多かった。疲弊して爆発寸前の兵士たちと、上級指揮官のいない補充部隊が、まるで競い合うように、この十五回目の世界で、殺し、略奪し、民家を焼き払いながら西へ西へと進撃した。

 十二月上旬。南京にたどり着き、南京城を囲むと、各部隊が城内への一番乗りを目指し、味方にも死者を出しつつ、城壁を超え、門を破壊し、突撃した。国民党軍の兵士や市民は逃げまどった。ほどなく南京は陥落。十五回目の世界の日本軍は、国民党兵士、市民、近隣の農村民など、多くの人々を、殺した。

 日本国内は「支那(中国)に勝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら