[PR]

 障害者陸上の国内最高峰、「ジャパンパラ陸上競技大会」が2021年4月、高松市で開かれることになった。主催する公益財団法人日本障がい者スポーツ協会が発表した。大会は1991年から続くが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止になった。

 県内での開催は初めて。4月24、25日、同市屋島中町の屋島レクザムフィールドである。18年に別のパラ陸上大会が開かれた実績などから選ばれた。

 大西秀人市長は30日の定例記者会見で「来年は(東京で)パラリンピックもあり、盛り上がりに期待したい」と話した。(木下広大)