[PR]

 愛媛県高校野球連盟は30日、第102回全国高校野球選手権大会の中止を受けて独自に開催する「令和2年度県高校夏季野球大会」に、53校52チームが出場すると明らかにした。7月14~16日に組み合わせ抽選会があり、8月1日に開幕する。

 加盟60校のうち、松山東、松山西、上浮穴、津島、南宇和、新居浜高専、弓削商船高専が6月30日までに不参加を表明した。新居浜高専と弓削商船高専は新型コロナウイルスの影響で部活動の再開が秋まで見込めないという。

 参加校のうち、済美平成と内子小田は連合チームとして出場。部員が9人に満たない今治西伯方は、単独チームとして参加する今治西から部員数人の応援を得て出場する予定。

 松浦彰浩理事長は「参加が50チームを超え、華やかな大会になると期待している。出場を選ばなかった生徒たちは進路などを考えた末の決断だと思う。それぞれの道での成功を願っています」と話した。(天野光一)