[PR]

 「あおり運転」が厳罰化される改正道路交通法が施行され、山梨県警は30日、県内約20カ所でチラシを配り、法改正を知らせた。

 JR甲府駅前では朝、通勤通学の人たちに警察官と県職員約10人が、チラシや反射材が入った袋200部を配った。あおり運転を立証する手段となるドライブレコーダーの設置を呼びかけ、自転車の危険な運転も対象になると伝えた。

 県内では4月、山梨市で、男が他の車に幅寄せや急ブレーキで追突させるなどし、運転手と同乗者にけがを負わせたとして傷害と暴行容疑で逮捕、自動車運転死傷処罰法違反(無免許危険運転致傷)の罪で5月に起訴されている。被害者の車の同乗者がスマートフォンで撮影した映像が証拠となったという。

 あおり運転にはこれまで、暴行…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら