[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)が7月1日に開幕する。藤井七段は現在挑戦中の第91期棋聖戦五番勝負と並行して、二つのタイトル戦を戦う。木村王位は昨年、史上最年長の46歳で初タイトルを獲得。30歳年下の藤井七段を相手に、初防衛を目指す。

拡大する写真・図版藤井聡太七段=2020年6月30日、愛知県豊橋市、日本将棋連盟提供

 藤井七段は30日、代表取材に応じ、木村王位について「受けに非常に力を発揮される。それだけでなく、受けと攻めに積極的、力強い指し回しに特徴があるのかなと思っています」と話した。公式戦では初対局だが「盤上では自分の将棋をと思っています」。

 王位戦は持ち時間各8時間の2…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら