自民・谷川氏陣営の2人起訴 運動員への日当買収の罪

有料記事

横山輝
[PR]

 2017年10月の衆院選で当選した自民党谷川弥一衆院議員(78)=長崎3区、当選6回=の選挙運動で、運動員に法定限度を超える報酬を支払ったとして、長崎地検は30日、陣営関係者の男ら2人を公職選挙法違反(日当買収)罪で起訴した。

 起訴されたのは、長崎市の無職永田久弥容疑者(60)と、長崎県大村市の会社員小柳伊佐義容疑者(44)。また長崎区検は30日、運動員の男(51)を同罪で略式起訴した。

 起訴状によると、3人は共謀し、選挙後の17年12月28日ごろ、同県佐世保市内で、選挙カーのアナウンスを担当した女性運動員に対し、法定額を上回る4人分の違法報酬として現金計78万円を支払ったとされる。

 捜査関係者によると、永田容…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り364文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント