[PR]

 「Go To キャンペーン」の観光支援事業で、国土交通省は30日、公募に5者から応募があったことを明らかにした。外部の有識者らによる審査委員会が選考にあたる。応募した企業・団体の名前は、委託先を決めた後に公表する。

 当初は7月上旬をめどとしていた決める時期はずれ込みそうだが、支援事業を始める時期は引き続き8月上旬を目指す。赤羽一嘉国交相は30日の会見で「必要経費も相当なもの。厳正な審査をしてもらうことが一番大事だ」と述べた。

 この事業は当初、経済産業省が全事業をまとめて担う事務局を公募していたが、巨額の委託費が批判を浴びて、公募を中止。支援内容ごとに国交、経産、農林水産の3省が事業をおこなうことになった。国交省は16~29日に委託先を募っていた。(高橋尚之)