[PR]

 鹿児島県霧島市は7月1日から、市内で宿泊する客3万人に1人2千円の助成金を出す「いざ霧島! 3万人キャンペーン」を始める。市内宿泊の修学旅行生1万人に1人2千円を助成する「スクールトリップin霧島! 1万人キャンペーン」の受け付けも同日から開始する。

 市観光PR課によると、市内の宿泊施設約70カ所に1日以降に宿泊する客延べ3万人を対象に、1人1泊2千円(3連泊まで)のキャッシュバックを行う。同時に、市内の観光地を巡ってもらうデジタルスタンプラリーも実施する。

 9月1日~来年1月31日に市内に宿泊する小中高の修学旅行生・教員に対しては、1人1泊2千円の助成を行う。1日から受け付けを始め、申請が1万人に達したら終了する。

 市は、両キャンペーンで約9500万円の事業費を計上した。詳細は市の公式ホームページで。問い合わせは市観光協会(0995・78・2115)へ。(神谷裕司)