[PR]

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が30日、県をまたぐ移動を控えることを必要に応じて提言する考えを示した。人の移動を促す政府の観光支援策「Go To トラベル」事業は、東京都を除外する政府案を分科会が了承後に政府が開始した経緯がある。感染者が全国で増えるなか、感染症や経済の専門家が集う分科会は政府に提言し、対策をよりよくできるか。存在意義が問われている。

 尾身氏は30日、参院国土交通委員会に参考人として呼ばれた。「Go To トラベル」について「東京だけが例外でいいのか」との野党議員からの質問に対し、一両日中に直近のデータが得られるとし、「総合的に見て必要であれば、県を越えての移動を控えたらいいのか、あるいは大丈夫か申し上げたい」と説明した。

拡大する写真・図版参院国交委で、国民民主党の増子輝彦氏の質問に答弁する、新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長=7月30日、岩下毅撮影

 一方、事業を了承した16日の分科会について、「すでに政府は、東京の例外を含めてほぼ意思を決定されたと思う。東京を例外とすることについてどう思うかというのが、分科会メンバーに与えられた宿題だった」と述べた。

 赤羽一嘉国土交通相は分科会当日、コロナ対策を担当する西村康稔経済再生相と首相官邸で安倍晋三首相らと協議し、会談後に記者団に東京除外を表明。分科会はその後に開かれた。

 29日の衆院国土交通委員会で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら