独自

第1回幹事長人事は「敵を味方に」 石破氏遠ざけ、消えた緊張

有料記事

石井潤一郎 西村圭史
[PR]

 安倍晋三首相自民党総裁としての任期の終わりが見え、自民党は節目を迎えています。「1強政治」を支えてきた党の変容と実像を追う連載「自民党 長期政権の果てに」。初回は、総裁に次ぐナンバー2である3人の幹事長から、党の変遷を読み解きます。

 7月30日夜、東京・丸の内日本料理店。首相の安倍晋三は、長期政権を支える自民党政調会長岸田文雄の労をねぎらっていた。安倍はステーキ、岸田は鶏のショウガ焼きを注文。ビールとウイスキーの水割りを酌み交わしながらの食事の話題は、党役員人事にも及んだ。

 「秋は人事ですよね」。岸田は安倍に水を向けると、念願の幹事長就任への意欲を伝えた。2人だけの会は2時間近くに及んだが、安倍は人事のタイミングや具体的な人名を挙げることはなかった。岸田は安倍の心中を推し量る。「ぎりぎりまで迷ってお考えになるんだろう」

 外相など要職を歴任した岸田だが、党ナンバー2の幹事長の座には、ほかの役職とは違う重みがあった。選挙や人事、資金の差配などで絶大な権限を握り、首相への登竜門とされてきたからだ。かつて党内でしのぎを削り「三角大福中(さんかくだいふくちゅう)」と呼ばれた三木武夫田中角栄大平正芳福田赳夫中曽根康弘は、いずれも幹事長を経て首相となった。

 長期政権下ではとりわけ、幹事長ポストは党のリーダー育成に大きな意味を持った。佐藤栄作は田中、福田を競わせるように起用し、中曽根は後に後継指名する竹下登を据えた。安倍も2003年、当時の首相小泉純一郎から当選3回で幹事長に抜擢(ばってき)され、その後のステップにつなげた。

 だが、2012年末からの連続在職日数が8月下旬に歴代1位となる安倍が起用した3人の幹事長に、後継育成へのこだわりはうかがえない。自らの地位を脅かす存在は遠ざけ、総裁候補とみなされない重鎮を据えた。「首相にとって党ナンバー2は、足元を安定させるための装置」。安倍の出身派閥・細田派幹部はそう言い切る。

政権奪還当初は「ベストメンバーで」

 第2次安倍政権で最初に幹事長に就いた石破茂は7月22日未明のフジテレビのトーク番組で、こんな分析を披露した。

 「いちいち謝り、非を認めた…

この記事は有料記事です。残り2064文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント