拡大する写真・図版プロバスケットボール選手の加納誠也さん(右)と大誠くん=本人提供

[PR]

 小さな体が、おもちゃのバスケットゴールにダンクシュートを決めた。背伸びをしてボールを押し込んでは、飽きずに何度も繰り返す。プロバスケットボール選手の加納誠也さん(31)は、動き回る長男の大誠くん(2)を見つめていた。

 「パパ、パパ」

 米国で活躍する八村塁選手のCMが流れると、息子はバンバンと机をたたき、ドリブルのようなしぐさもする。そんな様子に「おれがバスケ選手だってわかっているんだな」と思う。

 身長196センチの自分のように大きく育ってほしいと願い、「大誠」と名付けた。バスケに興味を持ってくれるのはうれしい。でも、喜びだけではない。将来、他の子のように運動ができないことに落ち込まないだろうか――。

拡大する写真・図版加納誠也さんの背番号41が入ったお守りを持つ大誠くん=本人提供

 息子は重い心臓病をもって生ま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら