不自由展払拭へあいトリ改名?「頑張って守った」愛着も

[PR]

 3年に1度開かれてきた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。次回2022年の開催に向けては、芸術祭の名称変更を求める動きが出ています。関係者への取材から背景をたどります。

 名を取るか実を取るか。「あいちトリエンナーレ」は次回2022年の開催に向けて、名称を変える議論が起きている。狙うは「イメージ刷新」だという。

 「名前については、(新しく作る組織委員会の)会長の意見を伺いながら、公募を含めて考えたい」

 大村秀章知事(60)が6月8日、県公館(名古屋市)で自民党県議団団長の原欣伸(よしのぶ)県議(51)らと向き合い、そう応じた。現代美術に詳しい大林組東京都)の大林剛郎(たけお)会長(66)をトップに招いて組織委を今秋にも立ち上げ、芸術家ら4人によるアドバイザー会議を設置。県や経済界は「応援団」に回り、名称変更は組織委を中心に議論されることになる。

 昨夏の芸術祭は、企画展「表…

この記事は有料会員記事です。残り887文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

あいちトリエンナーレを考える

あいちトリエンナーレを考える

「表現の不自由展・その後」が一時中止されました。今も残る影響と、今後を考えるための視点を紹介します。[記事一覧へ]