[PR]

 新型コロナウイルス対策で「3密」を避けるために必要な換気をするには、教室の窓をどの程度開ければいいのか――。学校現場の先生たちのこんな疑問に一発で答えるツールを、山口県の下関市薬剤師会が開発した。

 学校薬剤師は、飲み水やプールの水質などを管理するいわば学校環境の「見張り番」。学校医や学校歯科医と同じように、学校保健安全法で配置が義務づけられている。教室の換気についても普段から、学校と連携しながら適切な環境を保つよう努めている。

 コロナ禍の今夏、学校薬剤師には教育現場から問い合わせや疑問の声が相次いだ。「嵐の日は(窓は)どうしたらいいの」「省エネの必要性を教えているのに、窓を開けてエアコンをつけるのはためらわれる」

 この疑問を解消しようと、下関…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら