[PR]

 梅雨明けしたばかりの高知県内は31日、太平洋高気圧に覆われて強い太陽の光が照りつけた。高知地方気象台によると、黒潮町佐賀でこの日、全国1位の最高気温36・3度を記録したほか、四万十市中村で35・7度、同市江川崎で35・3度、宿毛市で35・6度と猛暑日となった。このほか高知市で34・2度、香美市大栃で34・3度などほとんどの観測地点で30度を超えた。

 四万十市不破の私立中村幼稚園では、園児約85人がプール遊びを楽しんだ。白い夏雲の下、園児たちはプールに入り、水しぶきをあげて元気よく泳いだ。森陽菜(ひな)ちゃん(5)は「プールは冷たくてきもちいいよ」と何度も水に潜った。(笠原雅俊)